日本蓄音器商会・合同蓄音器のあゆみ

日本コロムビアの前身。昭和2年に米コロムビアの傘下となる。

 
年月 年号 出来事
1907.10.31 明治40 神奈川県橘樹郡川崎町久根崎に日米蓄音器製造株式会社」 設立、同時に販売元として米国人実業家F.W.ホーン(Frederick Whitney Horn)が銀座に「米国蓄音器商会」を設立。
1910.10 明治43 日本蓄音器商会株式会社」を設立。
1910.10 日本蓄音器商会株式会社」を設立。これに伴い、日米蓄音器は解散。
1911.9 明治44 レコードの定価引き下げ(天使印1円50銭、獅子印1円20銭、鷲印1円)
1919.12 大正8 京都東洋蓄音器株式会社(オリエント)買収、会社跡は日蓄京都工場になる。
1921.10 大正10 帝国蓄音器商会株式会社(スヒンクス、ヒコーキ)買収。
1923.03 大正12 三光堂(ベルベット、スタークトン、メノホン)買収。
1923.06 東京蓄音器株式会社(フジサン)買収。
1927.05 昭和2 英コロムビアに買収され傘下となり、「コロムビアレコード(洋楽)」発売開始。
1928.10 昭和3 日本蓄音機商会株式会社の子会社として、「日本コロムビア蓄音器株式会社」設立。12月にコロムビア邦楽盤発売開始
1932.12 昭和7 一月新譜より「リーガルレコード」発売開始。。
1935.10 昭和10 日本蓄音機商会の権利を日本産業に譲渡する。「ラッキーレコード」発売
1942.08 昭和17 社名を「日蓄工業株式会社」に変更。洋楽を廃止。
1943.03 昭和18 コロムビアレーベルを「ニッチク」に変更。
1945.3 昭和20 レコードの生産中止。
1945.10 戦後生産再開。
1946.04 昭和21 社名を「日本コロムビア株式会社」に変更。
1962 昭和37 SPレコードの生産販売終了。

THE AMERICAN RECORD

明治末期から販売開始。鷲が矢と枝を掴んでいる商標。1枚一円二十五銭の片面盤であったが大正期には両面盤になる。大正4年に廃止。

勧進帳 - 2300

NIPPONOPHONEの記載があるため後期製造盤。

ニッポノホン

明治末期から販売開始。ローヤルなどの再収録も混じる。

二十四孝 - 1677

両面で連番になっているものとそうでないものが存在する。

ニッポノホン15000

1923(大正14)年4月から15000番台に移行する。1928(昭和3)年、コロムビアレコードが主力になったことによりワシ印イーグルレコードに格下げとなった。

千本桜(二) - 15259-B

15000番台初期のデザイン。

小原踊(上) - 16370-A

赤地金文字は中期のデザイン。途中より電気吹込みが採用された。

那須の余市(三) - 17703-A

後期のデザイン。

オリヱントレコード(ORIENT) - オリヱント工場(日本蓄音器商会)

1919(大正8)年12月に東洋蓄音器を買収し、日蓄京都オリヱント工場として稼働した。

良心(四) - 1960-B

米Brunswickの1920年代のレーベルデザインを模倣したもの。

端唄吹よせ浄瑠璃(上) - 3057-A□

中期以降のデザイン。

テスト盤

内部試聴用。

ヒコーキレコード - 合同蓄音器

1921(大正10)年10月に帝国蓄音器を買収した。

安来節(上) - 757

帝国蓄音器時代の再発売。

三階節(下) - 7513-B

帝国蓄音器時代の流用。アコースティック録音。

五郎正宗(一) - 70668-A

昭和4~7年初頭まで使用されたデザイン。70000番台。

ライオンレコード - 合同蓄音器

1923(大正12)年3月に三光堂を買収した。

安来節 - 2339

赤レーベル。

時雨西行(二) - 5434

大正12年頃発売。

inserted by FC2 system