ニットーレコードのあゆみ

1920(大正9)年大阪市に設立。翌年3月第一回発売。義太夫など邦楽を主力とした展開が功を奏したが、昭和期に入って流行歌・洋楽分野への展開が遅れ業績は低迷。1935年にはドイツ原盤クリスタルレコードを発売した。
1935年7月に傘下の日本クリスタルと共に太平蓄音器と企業統合し、日東蓄音器四十万、太平蓄音器二十万の出資により同10月西宮に新会社大日本蓄音器株式会社を設立。 以後タイヘイレコードをメインとしクリスタルは洋楽、ニットーレコードはサブレーベルとして存続する。

ニットーレコード(日東蓄音器)沿革

 
年月 出来事
1921.03 第一回新譜販売開始。
1935.07 太平蓄音器との経営統合により新会社大日本蓄音器設立。太平蓄音器・日東蓄音器は吸収され消滅。
1935.10 大日本蓄音器(タイヘイレコード)のサブレーベルとして存続。
1942.02 大日本蓄音器が戦時統合により大日本雄弁会講談社(キングレコード)に吸収され消滅、以後終戦までタイヘイ・ニットー新譜は中断となるも既発売分は販売存続。

アコースティック録音期

1921年からのアコースティック吹込み時代。同規格の商品番号であるがレーベルの色によって価格が異なっている。

吾妻八景(一) - 1424-A

最高級の特黒盤。少し青みがかかった艶紙レーベル。1枚二円五十銭。長唄などには録音日の記載がある。

新曲浦島(六) - 3044-B

後期の特黒盤。レーベルの紙質が変更されている。昭和3年4月30日吹込。

鳥の声 - 2109-B

大正期から昭和初期の赤盤。一枚一円四〇銭。

しるこ屋 - 2809-B

大衆紫盤。一枚八十銭。

賤機帯(上)

オレンジ色の委託盤。番号なし。

中期 -

1928年頃からの電気吹込み以降。一枚一円。

山陽線・四国めぐり - 3602-B

新赤盤。昭和4~10年の一般的なレーベルデザイン。

噫中村大尉 - 5425-A

新黒盤。昭和4~10年の一般的なレーベルデザイン。

街の鼻唄 - 普6781-A

昭和9、10年頃の標準盤規格の一部の盤に見られる普及盤。

59000

大日本蓄音器となった1936年からのレーベル。

大衆盤 - S1000

1936年以降に発売された。ニットー・タイヘイの再発売がほとんどだが一部新録音も確認される。

胡弓の調 - S1026-B

クリスタルレコード - 日本クリスタル合資会社

ニットーレコード洋楽部門の充実を図るため日東蓄音器の子会社として大阪市に設立。独逸クリスタルレコードと原盤のライセンス契約をし1935年1月新譜より販売開始。ジャズソングがメインの邦楽盤は同年7月の太平蓄との統合により消滅。

フットボオルの試合を見たい - 1003-A

時計屋で - 1118-A

inserted by FC2 system