昭和期戦前その他レコードレーベル

-

パーロフォン(パルロフォン) - 東京

東京のイリス商会が独逸カール・リンドストーム社の委託を受けパルロフォン部を設立、1829(昭和4年)4月新譜より第一回発売。昭和6年には日本オデオンを吸収。昭和8(1933)年8月、本国のカール会社が英コロンビア傘下であった都合上、競争を避けるためにレコード製作中止。原盤は日本コロムビアに引き継がれた。

草津節 - E 1065-A

初期のデザイン。

道頓堀シャンソン - E 2069-A

後期のデザイン

Dreamy Waikiki - E 5550-A

洋楽10インチ盤規格。

ニッポンレコード(トンボ印) - 東京

オーゴンの前身。トンボ印はオーゴン時代には廉価レーベルとして存続した。

岩木山登山帰り - 4624

裏表連番になっているもの。委託盤か。

鳳凰レコード(HO-OH RECORD) - P255-A

ニッポンレコードを商標をそのままに名称変更したもの。

鳳凰レコード(HO-OH RECORD) - K526

委託盤。

オーゴンレコード - 東京

トンボレコードやニッポンレコード(鳳凰)の後継で、1932(昭和7年)年10月より第一回発売を開始。黒盤80銭、青盤50銭。

オーゴンレコード

1932年10月より販売開始された通常盤。

オーゴンレコード

委託盤。レコード番号は裏表で連番になっている。

トンボレコード

昭和7年10月以降の発売。

秋田おばこ - A7056-B

青レーベルは廉価盤で一枚50銭。

鴨緑江節 - A5056-B

昭和10年頃のデザイン。

エバナシトーキー

P.S.Tレコード株式会社からの製造委託盤。昭和12年末まで新譜が確認されている。

昭和蓄音器株式会社 - 東京市滝野川区田端町1098

オーゴンレコード株式会社の後継会社。昭和12年頃、既発売盤の再発行や委託製造を行っていた。ビオン・ダイトーなど数種のレーベルを展開している。

サクラレコード

3000番台。

太陽蓄音器株式会社 - 東京

昭和6年東京に設立され、翌昭和7年に販売開始したものの業績悪化により昭和9年に破産し「東京レコード製作所」に移管される。

太陽レコード

2000番台が主流、一枚80銭。

東京レコード製作所 - 東京

昭和9年夏に破産した太陽蓄音器の後継として事業を引き継ぐ。レコード製造技術を持たない他社からの委託製造が主営業だったと思われる。

ニュータイヨー

昭和9年。10000番台から始まる新太陽レーベル。発行所は初期が太陽蓄音器で後期は東京レコード製作所となる。

ヤヨイレコード

初期に見られる「弥生」の漢字入りデザイン。太陽レコードの再発売がほとんど。

ヤヨイレコード

後期のデザイン。商標が変更されている。1937年まで新譜が確認されている。

ラッキーレコード - 東京 齋藤商店(ラッキーレコード商会)

昭和9年に東京レコードの関係会社の齋藤商店がARC社の傘下レーベル(ブランズウィック・パーフェクト・ヴォカリオン)原盤の軽音楽レーベル「ラッキーレコード」の販売を開始、しかし翌昭和10年年秋には日本コロムビアに譲渡された。

ハッピーレコード

昭和十年ごろ販売された邦楽盤。

ポピュラーレコード

太陽レコード系の再発や新録音。昭和10年1月に発売が確認されている。

日本エジソンレコード株式会社 - 東京

昭和10年頃東京に設立された。委託盤の製造も多くおこなっている。

エヂソンレコード(EDISON)

地球儀の商標。デザインはDECCAの模倣。

トランスレコード - 合資会社日本トランス蓄音器商会

昭和9年頃、大阪市旭区今福町184-1に存在した会社。国際工業(コッカ)やショーチクレコード製作所に製造を委託して販売していた。

トランスレコード

10インチ盤60銭、8インチ盤、45銭で販売していたことが確認されている。

昭和レコード制作所 - 京都

ショーワレコード

昭和5年ごろ発足。9年にはショーチクレコードに社名変更した。一枚50銭。

ショーチクレコードスタジオ - 京都

昭和レコード製作所が社名変更したもの。昭和12年ごろには東京京橋にも事務所をかまえている。新興児童レコードなど主に他社からの委託製造が主営業だったようである。

ショーチクレコード

昭和9年末頃発足したレーベルで宣伝盤が50銭。昭和14年ごろまでは存続していたようである。

フクナガレコードプロダクション(F.R.P) - 京都

エトワールレコード

昭和9年ごろからのレーベル。エトワールはフランス語で星の意味。

テレフンケンレコード

昭和10年ごろから使用されたレーベル。独逸テレフンケンが技術提供したと思われる。

国歌レコード製作所 - 大阪

国際セルロイド工業のレコード部門。

国歌レコード

初期のレーベルで6インチ

国歌レコード

電気吹込の表記があるもの。

コッカレコード

昭和9-14年の間に使用された8000番台。

タカシマヤレコード

大阪高島屋からの委託製造盤で8インチ。

邦楽同好会 - 大阪

日東蓄音器専務であった森下辰之助が昭和7年に設立した会員制レコード頒布組織。会員には関西の政界・財界の大物が揃っていた。他社に委嘱せずに独自に録音製造を行っていた。

ほうがくレコード

裏表連番となっている。千の位の数字は録音年の一桁目になっている。

特許レコード製作所 - 兵庫

タカシマヤレコード

委託レーベルで6インチ

タカシマヤレコード

前述の裏面で色違いになっている。

アサヒ蓄音器商会 - 名古屋

昭和10年以降は毎月新譜を中止している。

ツル印(赤)

1000番台は宣伝盤(廉価盤)。

ツル印(青)

5000~5970番台のデザイン。

アサヒレコード(ASAHI)

奉仕盤表記のものがある。

アサヒレコード(ASAHI)

昭和12年。

センターレコード - (中西商会)大阪市南区

関西蓄音器商の元締めであった「中西商会」が発行した。昭和9年頃より他社委託製造のものを販売していた。 その後アサヒ蓄音器の経営権を握り、ビクター・テイチク・ポリドールなど各レコード会社の廃盤を再発売していた。

センターレコード

昭和9年頃の初期のレーベルデザイン。オーゴン製造か。

センターレコード

後期のレーベルデザイン、ビクターレーベル洋楽を模倣している。昭和14年頃、他社原盤を再発売。

ニッポン蓄音器 - 奈良

ニッポンレコード

昭和13年ごろのレーベル。一部に太陽レコード原盤が混じる。

日本オデオン - 東京

独逸オデオンレコードの製造販売を目的として昭和5年に銀座に設立。3月新譜第一回発売、7月には邦楽の販売を開始するも翌年には撤退する。

オデオンレコード

昭和6年のレーベル。

日本フタミ蓄音器商会 - 東京

昭和10年、東京にて販売が確認されている。

フタミレコード

初期レーベル。

inserted by FC2 system