タイヘイレコードのあゆみ

1924年、兵庫県西宮市に前身の合資会社内外蓄音器商会が設立され翌1925年3月新譜よりナイガイレコード第一回発売。1931年、日本麦酒の出資により太平蓄音器株式会社に継承。
1935年7月に同じ関西の日東蓄音器(ニットーレコード)、日本クリスタル(クリスタルレコード)と経営統合し、11月より両社出資による大日本蓄音器株式会社を創立する(各レーベルは存続)。
1942年2月に戦時統合のために大日本雄弁会講談社(キングレコード)に吸収合併される。

戦後はかつての社員が旧工場を買い戻し、タイヘイ音響として復活1950(昭和25)年に戦後販売開始、1953年、日本マーキュリー株式会社となる。

内外レコード - 内外蓄音器

1925年から販売開始。

恋の木戸孝允(一) - No.4291

標準盤 -

昭和5年ごろから9年までのレーベル。一枚80銭。

満蒙建国の黎明(一) - 3650-A

月下の乾杯 - 4590-A

謝恩特盤。

おけさぞめき - 4815-A

後期のデザイン。

みなとの祭 - 4900-A

神戸市章と碇のあしらわれたもの。

特赤盤

1935年頃から使用された。56000番台と5000,6000番台の赤盤の総称。一枚一円

日本陸軍 - 56686-月

松の綠(上) - 5063-A

5000番台の一部に存在する金レーベル。

岸の柳(一) - 5064-A

5000番台は浪花節や長唄などが多い。

新赤盤21000

1936-1938年にかけて主に流行歌に使用された。21000番台でA面に月印、B面に星印がつく。

塹壕夜曲 - 21334-月

黒盤 - 15000

1935,36年頃の新赤の廉価盤として一枚80銭で販売された。

ふられ与三郎- 15273-A

新黒盤 - 10000

1938年頃から使用された。商標がニットーの燕印に変更されている。10000番台。

男と生れて - 10007-B

勇士の純情 - 10507

一部の流行歌などに使用されたデザイン。

破れ太鼓 - 10600

後期のデザインで1940頃。

R1000

1939年より開始。

軍国桜だより - R1001

標準的デザイン。

真実ぶし - R1037

ヒットしたため後期に使用された専用デザイン。

G-40000

1940年頃の流行歌などに使用された。

小唄草紙 - G-40003

標準的デザイン。

30000盤

1941年頃の流行歌に使用された。

茶作り次郎長 - 30032

X70000盤

1940-42年頃の廉価規格。

万才数え唄(上) - X-70435

大日本雄弁会講談社(キングレコード)に吸収された昭和17年2月以降の製造。

その他

神戸 みなとの祭 - 1-B

記念贈呈盤

キリンレコード

追分 - K732-A

麒麟麦酒が太平蓄音器の出資に関与していたことため造られたレーベル。

コメットレコード

神崎東下り - 30057-A

1934年12月より発売された廉価盤。タイヘイ既発売盤の名称を変更して再発したものもある。

戦後盤 - H10000~

タイヘイ音響として再設立し1950年より販売開始。

港神戸のマドロスさん - H10132

標準デザイン。1951年2月新譜。

港に白い花咲けば - H10186

写真盤。1951年12月新譜。

上州鴉 - H10137

写真盤。

支那服の娘さん - H10269

見本用宣伝盤。

戦後盤 - S5000~

タイヘイ音響として再設立し1950年より販売開始。

正調真室川音頭 - H10132

標準デザイン。

戦後委託盤 - M

マーキューリー時代に再版されたものも確認されている。

黒田節 - M-59

初版は1950年頃だがこれは後に再版された際の専用デザイン。

祝目出度 - M-59

前述の裏面。

起上がり小法師 - M-538

inserted by FC2 system