喜波貞子きわていこ

本名 Letizia Jakoba Wilhelmina Klingen
生没 1902.11.20 - 1983
出身地 神奈川県横浜市
所属会社 ビクター

訪日オランダ人薬学者Anton Johannes Cornelis Geertsの孫娘として生まれる。 17才で父親と共にミラノへ渡り、声楽教授ヴァンツオに師事。1922年、ポルトガルのリスボン市にある劇場グランドオペラ・サンカロル座で初舞台を踏む。「蝶々夫人」が好評を博した。 芸名の「喜波」は母方の祖母の「きわ」よりとられている。日本出身プリマドンナとして戦前ヨーロッパで人気があったが彼女自身はオランダ人であり、終生日本に帰ることはなかった。

ディスコグラフィ

-
 
曲名 共演 作詞 作曲 番号 新譜年月 補足
美わしき天然 武島羽衣 田中穂積 13138 1932.11
ラ・パロマ 13138 1932.11
歌劇「椿姫」(あゝそはか人か) ヴェルディ 13143
歌劇「ミニヨン」(ガヴォット) トーマ 13143
スパニヨラ 惟一倶楽部 デイ・キアラ 13162
故小妹 13162
歌劇「椿姫」(花より花へ) 堀内敬三訳詞 ヴェルディ 13192
歌劇「カルメン」(ハバネラの歌) 堀内敬三訳詞 ビゼー 13192
ラ・セレナータ 堀内敬三訳詞 トスティ 13313
子守唄 フロリディーア ブラームス 13313

inserted by FC2 system