コロムビアレコード

昭和3年以降のコロムビアレコードの解説です。前身・親会社である日本蓄音器商会はこちら

日本コロムビア沿革

 
年月 出来事
1907.10 F.W.ホーンが「日米蓄音器株式会社」を設立。
1910.10 日本蓄音器商会株式会社」を設立。
1919.12 京都東洋蓄音器株式会社(オリエント)買収、会社跡は日蓄京都工場になる。
1921.10 帝国蓄音器商会株式会社(スヒンクス、ヒコーキ)買収。
1923.3.5 三光堂株式会社(スタークトン、メノホン)買収。
1923.06 東京蓄音器株式会社(フジサン)買収。
1925.8.3 傘下の三光堂、帝国蓄音器、東京蓄音器の3社を統合し 合同蓄音器(ヒコーキ・ライオン・フジサン)設立。
1927.05 英コロムビアと資本提携し、「コロムビアレコード」発売開始。
1928.10 日本蓄音器商会株式会社の子会社として、「日本コロムビア蓄音器株式会社」設立。11月新譜よりコロムビア邦楽盤発売開始。
1932.11.25 合同蓄音器解散。
1932.12 1月新譜より「リーガルレコード」発売開始。
1935.10 日本蓄音器商会の権利を日本産業に譲渡する。米ARC社の傘下レーベル(Brunswick, Vocalion, Perfect)原盤「ラッキーレコード」を齋藤商店から獲得し発売
1939.11 ポリドール作曲家の阿部武雄が移籍。
1942.08 社名を「日蓄工業株式会社」に変更。洋楽を廃止。
1943.3.20 4月新譜よりコロムビア商標を「ニッチク」に変更。
1945.3 レコードの生産中止。
1945.10 戦後生産再開。
1946.04 社名を「日本コロムビア株式会社」に変更。
1962 SPレコードの生産販売終了。

戦前コロムビア標準盤

石童丸(三) - 25090-A

24000と25000番の初期はニッポノホンの再発で、アコースティック録音も含まれる。

妻吉小唄 - 26224-A

昭和6年ころから電気吹込みの表記が付く。

みなとの祭 - 27608-A

レーベル上部の表記がニュープロセスからViva-tonal Recordingに変わっている。

28250番くらいからA・B面の表記が無くなり、代わりに原盤番号の先頭にA面相当の1とB面相当の2が付けられている。

追憶の雨 - 100062

昭和15年4月新譜より米brunswickのレーベルデザインを使用した100000番台になる。公式名称は特赤

新娘道成寺 - 100661

下部の英語のクレジット表記が消え、社名が日蓄工業となった昭和17年8月以降のもの。

夕の鐘 - 100635

昭和18年春から英語の表記が消えて商標がニッチクになる。この100635は昭和18年1月新譜のため再版盤である。

君こそ次の荒鷲だ - 100892

末期の標準レーベルデザイン。番号が左に移動し、番号の左の四角い白枠内に税率区分の数字が記されている。

標準盤特殊レーベル

連合艦隊解散式訓示 - 28000-B

青レーベルの謹呈盤と赤レーベルの二種が確認されている。レーベル左外れに東郷平八郎の署名が刻印されている。

愛国行進曲 - 30001

愛国行進曲の吹き込まれた30000~30005番の6枚やその他の一部に使用されたデザイン。

愛染草紙 - 30433

松竹大船映画「愛染かつら」の主題歌「愛染草紙」(昭和15年1月新譜)に使用された写真盤。写真の男女は上原謙と田中絹代。青の色違いが存在する。

荒野の夜風 - 30433

「愛染草紙」の裏面。戦前のコロムビアで歌手の写真盤は非常に珍しい。左から二葉あき子、霧島昇、ミス・コロムビア。

仰げ軍功 - 30110

特別デザイン。裏面も同じ。

松竹映画「暁に祈る」主題歌の特別デザイン。裏面も同じ(写真はB面の愛馬花嫁)。

青盤 - 35000

35000番台は高級盤で1枚二円。長唄・歌舞伎劇・清元・義太夫などの邦楽が中心で声楽も含まれている。

楠公(一) - 35289-A

1940年以降の生産分はクレジット表記が円の外へ出ている。

教育盤 - 33000

雪達磨・犬 - 33175-B

学童向けの補助教材として販売されたもの。唱歌や読本朗読など。

予約限定盤 - S

桜門五三桐(上) - S-365

青いレーベル。

特別紫盤 - 4500~

二人椀久(一) - 4614

青盤よりさらに高級なもの。写真は15年4月以降のデザイン。

米盤 - 41000-F

残る思い出 - 41608-F

日本コロムビアから送られてきた原盤を元に米コロムビアが製造し在米邦人向けに販売された。後期は赤レーベルや材質が異なる。

宣伝盤 - P

月のセレナーデ - P-146

サンプルとして各販売店に配布したもので左に宣伝盤用の規格番号がついているが、初期のものには無記名。歌手・曲名のアナウンスや作詞・作曲者本人の挨拶が吹き込まれているものも存在する。 裏表の組み合わせは市販品と異なる場合が多い。

白特別盤

Aの1番からの若い番号とA1000.2000番台の白レーベルは主に国民歌などの公的な録音に使用されたもの。

紀元節 - A26-B

この盤は複数回再プレスされている。

君が代 - A1105

1100番台。昭和13年11月新譜。

愛国行進曲 - A1105

前述の裏面、愛国行進曲用の特別デザイン

リーガルレコード

昭和8年1月新譜より1枚80銭で販売された廉価レーベル。初期はヒコーキ・オリエント・イーグルの再発売がほとんどだった。一部にオデオン・パーロフォン原盤のものも存在する。主なジャンルは浪花節、漫才、落語、映画説明、民謡、童謡など。昭和18年に廃止。

初期のレーベル。

中期以降のデザインで、AB面の表記が無くなった。

昭和15年4月新譜より150000番台が主要規格となり、黒盤は数枚の発売となる。

戦前委託盤レーベル

企業・自治体・個人団体など外部から録音製造を委託され、その関係者に配布・頒布されたもの。基本的に特別に録音されたものであるが、一般レーベルに収録されたものも存在する。番号はA30くらいから始まり後にABに変更された。特殊なデザインが存在する。

除隊兵士を迎ふる歌 A-358

標準的な茶色いレーベル。

警防団歌 A-569

専用デザイン。標準レーベルでも発売されている。

警防行進曲 A-569

「警防団歌」裏面

戦後標準盤レーベル - A

戦前の黒盤やスダレ盤にあたるのがこのレーベルであり、1945年12月には戦前のヒット曲で構成された戦後第一回発売が行われた。

リンゴの唄 - A59

戦後最初期のデザインで、番号の前に税率区分12の表記があるもの。

湖畔の宿 - A130

昭和23年頃に見られるデザイン。

大島節 - A40

昭和25年頃から主流となった赤茶レーベル。写真はA40と若い番号だが昭和27年頃に再プレスされたもの。

五十三次待ったなし - A2059

赤茶レーベル。社標の右下に新譜年月が表記されている。

戦後標準盤特殊デザインレーベル

夢よもう一度 - A482

新東宝映画「夢よもう一度」主題歌。映画のワンシーンを背景にしている。

愛の灯かげ - A482

「夢よもう一度」の裏面。写っている男女は主演の上原謙と山根寿子。

トコトン節 - A1350

松竹映画「愛惚トコトン同志」の主題歌。吹き込み歌手の久保幸江と加藤雅夫の顔写真入り。

まぼろし慕いて - A1350

「トコトン節」の裏面。写真は吹き込み歌手の岡本敦郎。

だから今夜は酔わせてネ - A1470

写真は神楽坂はん子。

流転 - A2531

松竹「流転」同名主題歌のレーベル。写真は吹き込みの高田浩吉。

流転三味線 - A2531

「流転」の裏面。

戦後高級盤 - B

戦前の青盤にあたるレーベル。

『夏』土手より・川風 - B310

昭和28年発売

戦後教育盤 - AK

戦後教育盤レーベル。唱歌やダンス用音楽などが中心。

島への道 - AK225

戦後委託盤 - PR(SPR)

戦後委託盤レーベル。PR1000~1100台など、NHK民謡録音用レコードに使用された番号がある。

飯能小唄 - PR219

inserted by FC2 system