日本ポリドールのあゆみ

日本ポリドールの創立から戦後昭和30年ごろまでに製造された邦楽SPレコードのの紹介です。目録はこちら

日本ポリドール沿革

 
年月 出来事
1926.08 阿南商会の阿南正茂、銀座十字屋の三男鈴木幾三郎らが独逸ポリドールレコードの日本製造権利を獲得する。
1927.05 阿南を社長とする「日本ポリドール蓄音器株式会社」を設立、月末に第一回新譜発売。
1929.05 表参道に吹込みスタジオを新設。
1930.01 邦楽第一回新譜(1929.12.18発売)。
1936.08 ポリドールにレコード製造委託をしていたキングレコードが自社製造へ転換する。
1936.夏 上原敏と河崎一郎入社(河崎は契約の問題の為に翌年退社)。
1939.11 作曲家の阿部武雄がコロムビアに、山田栄一がビクターに移籍。
1941. 主力音楽家の東海林太郎・藤田まさと・長津義司がテイチクへ移籍。
1942.03 大東亜蓄音器レコード株式会社」に改称、1942年4月新譜より邦楽レーベルが「大東亜レコード」となる。
1944.末頃 戦況悪化により「大東亜航空工業株式会社」に社名変更し、軍需工場に転換する。1944年1月新譜を最後にレコードの発売を中止する。
1945.04 13日の空襲により表参道の吹込スタジオが焼失、15日には大森池上の工場が半焼。
1947.01 戦後第一回新譜発売。

101~

邦楽盤は昭和5年1月新譜(昭和4年12月18日発売)から販売を開始する。

青柳 - 320-A

標準盤 - 1000~

昭和7年頃から9年までの標準盤。中央部の細かい表記が無くなった。流行歌が中心となり、演芸や童謡は他の番号へ移行する。

忘られぬ花 - 1262-A

標準盤 - 2000~

昭和9年1月新譜からは2000番台に移行し初期の価格は1円50銭。ポリドールが最盛期を迎えた時代の標準盤で、流行歌が中心。昭和13年1月新譜から写真盤が加わる。

壺坂小唄 - 2232

昭和11年発売の盤。

流沙の護り - 2508

昭和12年8月以降は特別物品税により1円65銭に値上がりし、レーベルに報国印が追加される。ポリドール以外にもテイチク、タイヘイが同じマークを使用している。

愛国行進曲 - 2573

一部に使用された白いレーベル。

声なき凱旋 - 2459

宣伝盤

鴛鴦道中 - 2550

昭和13年1月新譜。

しぐれ旅 - 2550

昭和13年1月新譜。

上海だより - 2551

昭和13年1月新譜。

倅でかした - 2551

昭和13年1月新譜。

人生航海 - 2586

昭和13年3月新譜。

嘆きの小鳩 - 2586

身代わり五十銭 - 2588

昭和13年3月新譜。

銃後だより - 2588

陣中髭くらべ - 2599

昭和13年発売。

南京だより - 2599

徳利の別れ - 2611

昭和13年発売。

安兵衛ぶし - 2611

昭和13年発売。

上海の街角で - 2630

波止場気質 - 2630

愛馬の唄 - 2640

昭和13年11月新譜。

血染の戦闘帽 - 2640

昭和13年11月新譜。

戦場の子守唄 - 2641

軍旗の下に - 2641

遂げよ聖戦 - 2662

昭和13年11月新譜。

熱砂の行軍 - 2662

昭和13年11月新譜。

麦と兵隊 - 2687

昭和13年12月新譜。

北満だより - 2687

土と兵隊 - 2707

五台山めざして - 2707

アヴェマリア - 2737-A

昭和14年2月新譜。

口笛吹いて - 2737-B

昭和14年2月新譜。

星のセレナーデ - 2737-A

昭和14年2月新譜。

チャペルの鐘 - 2737-B

昭和14年2月新譜。

夢のゆりかご - 2709

昭和14年1月新譜。

思い出峠 - 2709

昭和14年1月新譜。

唐人お吉 - 2746

昭和14年3月新譜。

加茂川ながし - 2746

涙の親子旅 - 2766

昭和14年5月新譜。

千曲流れて - 2766

島の船唄 - 2780

昭和14年6月新譜。

虹よ消ゆるな - 2780

新赤盤(後期標準盤) - P-5000~

昭和15年4月新譜から昭和19年まで使用された標準盤の規格。各レコード会社はこの時期からレコードの生産数が激減している。赤レーベルが基本だが、写真盤が多数。昭和17年春から大東亜レコードに改称。

別れ船 - P-5018

写真盤の一例。昭和15年5月新譜。

雨の日曜日 - P-5018

写真盤の一例。昭和15年5月新譜。

船唄人生 - P-5026

写真盤の一例。昭和15年7月新譜。

大島つばき - P-5026

裏面

唄祭浩吉節 - P-5029

写真盤の一例。

夏姿浩吉節 - P-5029

裏面

只今帰って参りました - P-5115

写真盤の一例。

夏草の夢 - P-5115

写真盤の一例。昭和15年5月新譜。

日本俗曲集(上) - P-5331-A

大東亜レコード時代の写真盤。

日本俗曲集(下) - P-5331-B

裏面

仏印だより - P-5082

写真盤の一例。

梅と兵隊 - P-5082

写真盤の一例。

高級盤 - 5000~

昭和5~10年に使用されたレーベルで純邦楽や歌曲が中心。一枚2円。

鶴亀(一) - 5012-A

長唄など数枚組のものには特製ケースが付いている。

廉価盤

主に浪曲・童謡・演芸に使用されたレーベル。3500~4000番の緑盤と8000~9000番台の茶盤・青盤など。

青柳 - 3688

初期の廉価盤は3500番台から始まる青緑レーベル。一枚1円20銭。

滑稽掛合萬歳 - 3834

前の物より緑色のレーベル。

森の石松 - 8030-A

8000番より茶色のレーベル。

文七元結(一) - 9008-A

昭和13年秋から藍盤となる。

日本盆踊り - P-3081-A

昭和15年4月新譜からはP-3000番台に移行し、黒レーベルになった。1枚1円55銭。

松竹レコード - S1~

松竹映画の主題歌専用レーベルで、昭和6年から10年まで発売された。

有憂華の唄 - S6-B

洋楽10インチ A100~

デッカ原盤。

TRAVIATA - A-234-A

洋楽規格の一部にも写真盤が存在する。

It's Raing Sunbeams- A-234-B

レーベルタイトルは誤植で正しくはIt's Raining Sunbeams

戦後標準盤 - 7500~

昭和22年に戦後盤販売開始、7500番からはじまり、戦前のヒット曲も再発売されている。

戦後標準盤の写真レーベルの一例。

裏面。

想出盤 - R

昭和29年から発売された。戦前ヒット曲の再発売。

八木節 - R35

レコード袋

写真は上原敏

裏面

inserted by FC2 system